安い価格で作れる

ジーンズポケットに挿した紙幣

名札やネームプレートの金額は大変安くなっています。100円以内で購入可能なものもありますので、手軽に購入することができます。まとめて購入すると、さらに安く購入できます。名札の種類では、ハードタイプのものが最も安く購入できます。安全ピンとクリップの両方が使えるタイプのものでも、50円程度で販売されています。名刺をそのまま入れて使えるソフトケースタイプの名札は、100円程度で購入可能です。ソフトケースタイプの名札で、クリップを押すとケースが外せるタイプのものは150円程度になっています。ダブルフックの吊り下げタイプの名札は200円程度になります。値段は少し高くなりますが、ケースが裏返ることはなく、快適に使用できます。

日本では1980年代頃まで、民間企業の一般の会社員が名札やネームプレートを付ける習慣はあまりありませんでした。名札を付けて仕事をする人は、公務員や銀行員、医師などの公共性の強い職業に限られていました。1990年代の後半になると、日本の一般企業でも名札を付ける習慣が定着しました。当時は、名刺をソフトタイプのカードケースに入れて、首から吊り下げるタイプのものが流行しました。このタイプの名札は、今でも定番として広く普及しています。2000年代になると、最先端のIT企業やデザイン事務所などでは、斬新なデザインのファッショナブルな名札を使用する会社も現れました。とてもかっこいいデザインで、会社のイメージアップに貢献しました。